So-net無料ブログ作成

☆四字熟語 -葦編三絶 ☆J1リーグ -踏みとどまった、新潟

今週の四字熟語は、葦編三絶(いへんさんぜつ)にしました。

韋編三絶とは、繰り返し繰り返し読んで、読書に熱中することのたとえ。孔子が、易書を好んで、繰り返し繰り返し読んだので、綴紐が三度も切れてしまったいう故事によります。

「韋」はなめし革のこと、「韋編」とはなめし革の紐で綴じた竹の札(竹簡)といい、古代中国の書物のことですが、転じて、広く書物一般をいいいます。

「韋編三度 (みたびた) 絶つ」とも読み下していうこともあります。出典は『史記』から。

ホニさま 河田さま、夢をつないでありがとう。

昨日ヤマハスタジアムで行われた、J1リーグ第30節 ジュビロ磐田 vs アルビレックス新潟は2-2で引分け、この時点での2部降格はありませんでした。

前半25分ホニの先制ゴールのあと、39分磐田大井健太郎が同点ゴール。アデイショナルタイムにはいって2分、河田篤秀が勝ち越しゴールを奪います。

後半49分磐田アダイウトンがゴール、後2分ガマンできなかったのか…。終盤に弱い、新潟の欠点をさらけ出してしまいました。

甲府がC大阪に負け、大宮対柏と仙台対清水がが引き分けたため、首の皮1枚で夢をつなぎ止めました。残り4試合を5点差以上で連勝しても、他チーム次第で残留は叶いません。

次節は29日14:00からビックスワンスタジアムで、サガン鳥栖(8位=12勝8分10敗)と対戦します。勝利を祈りましょう。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。